社長メッセージ

私たちは、医薬品に高度に求められる安全性と効力の両方を重視した創薬を企業理念とし、そのために体外診断技術と受容体医薬品開発技術の革新に貢献します。

私たちは、独自開発したBLOTCHIP®-MS法で発見したバイオマーカーペプチドを、体外診断用検査キットとして提供します。またMPL法とBLOTCHIP®-MS法を組合わせたリガンド・受容体探索技術で発見した新規リガンドと新規受容体を治療効果と安全性に優れた受容体医薬品として提供します。

超高齢化社会に突入した我が国において、患者数が増加の一途をたどる大腸がんと糖尿病の罹患リスクを正確に把握し、早期から予防する医療は非常に重要な役割をにないます。私たちは、15年の歳月をかけて血液から疾患リスクを検査する最先端の方法を確立し、ProtoKey®大腸がんリスク検査キットとProtoKey®糖尿病リスク検査キットとして発売することになりました。今後、病気によるこころとからだの変化を早期に捉えるProtoKey®検査シリーズをすべての疾患に拡げ、予防医療と皆さまのクオリティ・オブ・ライフ(QOL)の向上に貢献してまいります。

株式会社プロトセラ 代表取締役社長 田中憲次

Copyright(c) Protosera, Inc. All rights reserved.

上へ戻る