プロトキー認知症リスク検査

こんな方にオススメ

1.50代には自身のMCIリスクを知りましょう。
2.早期にMCIリスクがわかれば、元気なうちから将来の認知症の発症を予防したり遅らせたりする様々な予防/改善メニューを取り入れ、現在の生活の質を将来まで保ち続ける可能性が得られます。

認知症は予防が大切です

認知症は発症の20年前からはじまっています。有効な治療薬のない現在、積極的に認知症の発症予防に努め、定期的にプロトキー®認知症リスク検査で予防効果を確かめましょう。

MCIスクリーニング検査と予防はいつからはじめるの?

50歳になればMCIスクリーニング検査を受けて、自分のMCIリスクインデックス値を測りましょう。認知症は約70歳から発症します。その20年前から予防/改善メニューを取り入れ、定期的にプロトキー®認知症リスク検査でMCIリスクの低減を調べて、予防/改善メニューの効果を確かめましょう。

図:軽度認知障害リスク予防期間

 軽度認知障害リスク予防期間

プロトキー導入バナー

Copyright(c) Protosera, Inc. All rights reserved.

上へ戻る