プロトキー酸化ストレス検査

検査の流れ

検査の流れは以下のとおりです。

①受診者様には病院・クリニック等受診施設でお申し込み、採血をお願い致します。
(※)検査に絶食は必要ありません。
②検査委託機関に血液が送られ、測定します。
③測定結果が受診施設に送られます。
④医師より報告書をお渡しいたします。

図:酸化ストレス検査の流れ

検査結果について

ペプチドの測定結果より、「酸化ストレスレベル(%)」の値をご報告いたします。より大きな値は酸化ストレスレベルが高いことを示しています。測定値から体内の酸化ストレスの度合いを3段階でご報告いたします。検査結果に基づく今後の対応につきましては、担当医師にご相談ください。

プロトキー導入バナー

Copyright(c) Protosera, Inc. All rights reserved.

上へ戻る